2020年02月08日

事例 その1

21歳のC子さんは、顔のにきびのあとが悩みの種でした。
友達に引っ込み思案と言われたり、ネクラと言われるのもすべてにきびのせいだと思っていたのです。
顔さえ綺麗になったら全ての問題は解決して、みんなと旅行にも行けるし、泳ぎにも行けるし、人生が楽しくなるのにと思っていました。
病院でみてもらったり、薬局で高価な薬を買ったりして、いろいろと治療に専念しましたが一向に良くならず、ますます性格的に暗くなってきて、ついに
視線恐怖症というのになってしまったのです。
他人がいつも自分の顔ばかり見ているような気がしてきたのです。
人の目が怖くてたまらなくなってきたのです。
続く

★タキオンの奇蹟より抜粋
ことあ堂

posted by ことあ堂 at 18:30| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください